#

#

キュレーター

入試問題を通じて単元を深く理解する

小学校4年生〜6年生を対象とする「中学受験に特化した理科」の講座。

?

入試問題の解説・演習を実験しながら行う講座です。

?

クラス編成は4・5年生がΛ(ラムダ),5・6年生が?(シグマ)となっており,
入試によく出題される単元・実験を年間12回学習することができます。

?

一問一答形式はせず、授業の最後20分程度で、その単元に関する記述問題を出題します。中途半端な知識の羅列では点数が採れないという大変厳しいものですが、確実に力がつきます。

?

?

?

徹底した記述演習により,論理的表現を身につける

キュレーター講座では,正しく理解しているかどうかを確認するために記述問題演習に重点を置いています。

?

問題を解き、実験で確認するという流れです。

?

近年,入試問題傾向が大きく変わり,難関私立中学校では,選択性の問題から総合力が問われる記述問題へとシフトするケースが目立っています。

?

パターン化や丸暗記で入試をクリアしてきた生徒が入試時の成績のまま大学入試を迎えるという例は少ないようです。小学校の高学年の時期に、体験に基づく理解を深めておくことで中学入学後も安定して学ぶことができます。
「記述問題」は,中学入試以外の受験でも多く出題されます。

?

特に大学入試では,短時間で「200字以内でまとめ,答えなさい」というものがほとんどです。知識を吐き出すだけでなく、関連付けて総合的に文をまとめる必要があります。

?

全てに通じる学力の基礎を育成する講座です。

授業の流れ

まず,講義を行い知識の整理と単元の理解を深めます。

?

入試問題として出題された問題を解き、解説します。
※解説は、実際に実験しながら進めますので理解度が深まります。

?

最後に、テーマに関する記述問題を解きます。

?

?

答案は採点後、成績分析票と共にご郵送さしあげます。

?

キュレーターΛ
概要 中学入試問題を実験を通して解説する講座
対象 小学4・5年生
理科学習レベル 小学校3〜4年生の教科書に準拠
授業事例 三態、気体の性質、気象、電気、酸・アルカリ、てこ、地層、酸化
今年度授業期間 2011/2/6〜2012/1/28
実施校 西宮 / 豊中
キュレーターΣ
概要 中学入試問題を実験を通して解説する講座
対称 小学5・6年生
理科学習レベル 小学校4〜5年生の教科書に準拠
授業事例 天体、分離、電磁石、光とレンズ、振り子、人体、ばね、滑車
今年度授業期間 2011/2/6〜2012/1/28
実施校 西宮 / 豊中